Mシチュ評価 逆痴漢!ひぎぃっっ!彼女の妹に犯されまくる俺 | バトルファック・セックスバトル道場

Mシチュ評価 逆痴漢!ひぎぃっっ!彼女の妹に犯されまくる俺

敵は身近にいるということでござろうか……

昨日の敵は今日の友……
敵だった者が、身近になるというのは、
拙者たち戦う者としては普通でござる。

しかし、それを逆に考えれば、
味方なものが敵にも回る。

拙者も戦国に生きた身。
幾度も寝首をかかれそうになったでござる。
身近なところに敵がいる。その言葉を身をもって
知ってきたつもりでござった。

科学の力が発達した、現世ではそのような身近な
敵はおらぬと思っておったが、そんなことはないのでござるな。

現世の戦、込み合う車内。
多くの現世侍を運ぶ箱物の中で出会う、
愛し者の妹君。

痴漢はダメ!を刃に持つ彼女による攻撃は、
今まで受けた友からの奇襲よりも、衝撃を受けるものでござる。

いわゆる電車と呼ばれる場所で、彼女の妹に出会った主人公が、
彼女から逆痴漢を受けていくという物語でござる。
痴漢という言葉が世に運ぶる現在で、女性は絶対とも言える車内。

痴漢と叫ぶという言葉を盾に、逆に痴態行為を行われながら、
徐々に彼女の刃はエスカレートしてのでござる。

完全に女性上位のMシチュ作品でござる。
最初は隠れて行うような性技でござるが、
エスカレートするうちに大胆な行為へと変化する
彼女の手腕は、まさに現代の淫魔という言葉しか
浮かばないでござるな。

淫魔は人目のない場所で生気を吸うと思っていたでござるが、
車内のような絶対女性優先の場所にも、警戒が必要でござる。

拙者、今宵も対社内線を想定し、文ちゃんに挑むでござるぞ。

このエントリーに対するコメントはありません。

コメントはこちらから




次のタグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

次へ »

« 前へ